×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

MJよめの部屋

幼稚園探し、手続き

うちのももちゃん5歳は今、
英語系公立小学校付属のPre-kindergartenに通っています。
kindergartenは満5歳の子が行く幼稚園なので、Pre(前の)kindergartenというのは
日本で言う、年中さん(4歳)に当たります。
(ももちゃんは今年5歳になったので、9月からはkindergartenに通います。)
こちらではkindergartenのことを「Pre-school」と呼ぶことがあります。
その理由はこちらへ→

ここモントリオールはフランス語が公用語なので、教育機関はフランス語を用いています。しかし、私たちのような短期滞在者(temporary resident)の子供は英語系の学校に通わせることができます。
(※これはフランス語がわからない子供の負担を軽くするためのようです)
ここに永住するわけではないので、中途半端にフランス語を覚えるよりも、
中途半端に英語を覚えたほうが将来的に有効だろうとおもい、英語系小学校の幼稚園に入れることにしました。


モントリオールには2つの英語系スクールボードがあります。

English Montreal School Board(EMSB) [モントリオール島の中心部] http://www.emsb.qc.ca/

Lester B.Pearson School Board (LBPSB) [モントリオール島の南西] http://www.lbpsb.qc.ca/

我が家はLBPSBのエリアに住んでいるので、そこで調べました。
Pre-kindergartenがある(設置していない学校もあります)家から近い小学校に電話をかけて、興味があり入園したいという旨を伝え、伺う日の約束をしました。
そこで持参するように言われたものは

○娘、主人、私のパスポートとビザ
○娘の出生証明書

だったと思います。
伺った日、校長の秘書が対応してくれました。
娘や私たちのビザやパスポートのコピーをしたり、書類に記入したり。書類には名前や住所のほかに、宗教を答える欄があったのが興味深かったです。
私から秘書さんに質問したのは

1.学費は?←年間45ドル
2.通学バスは?←あり 無料
3.ランチは?←週2日配られる。3日はお弁当を持参
4.娘の言葉(英・仏ダメ)←ダメとは言われなかったけど、「ちょっと大変そう」という表情をしてました。

秘書さんから書類を手渡され、LBPSBのオフィスに電話して指示に従うように言われました。LBPSBのオフィスに電話し、

○娘、主人、私のパスポートとビザ
○娘の出生証明書
○学校から渡された書類

を持ってくるように言われ、開いている時間なら、アポイントは要らないが、
必ず、主人が来ること、といわれました。
(私たちが主人のワーキングビザの同伴家族だからでしょうね)

LBPSBのオフィスでは、パスポートのコピーをとったり、書類に記入したり、サインしたり、質問に答えたりしましたが、あっさりと手続きは済みました。

LBPSBが政府に書類を提出し、政府がOKを出したら娘は幼稚園に通えるといわれ、それは2,3日後には返事がもらえるということでした。

そしてその2日後、LBPSBのオフィスから電話がかかってきて、娘は幼稚園に通えるようになったと返事を受けました。
その日のうちに幼稚園に電話をかけて許可が下りた旨を伝えたら、娘が初登園する都合の良い日を聞かれました。私は「週明けの月曜日から」と返事をし、その次の週から娘は通うようになりました。


幼稚園探し、手続き
保育園探し、手続き
☆モントリオールでの子育て

[Link] 親子 英語 メンズエッグ 不動産任意売却 イラスト素材 情報商材 airmiya style 京都 リフォーム イベント seo 雛人形 セレブ 新越谷 賃貸 Tシャツ