×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

シューティング事件

昼過ぎだったかな

去年の今頃。9月だったかな。研究室の人が悲しい事件が起きたと言い始めた。は?ニュースを見ろと言われてネットでニュースをみるとシューティング事件があったと書いている。びっくりした。普段はとても安全なモントリオールなのだが。ラジオを聞いてみるとシューティング事件の話題がずっと流れている。
ラジオをダンボのようにして聞いていると、十数人が銃で撃たれたと言っていて、犯人は3人いて、その一人は死んだが2人はダウンタウンに逃げていった。と言っていた。めちゃくちゃ怖いやん。大学も一応ダウンタウンだから帰りに犯人に出くわすかも知れん。
家族が心配になって、速攻で家に電話して外出するなと忠告。
夢中で情報を集めた。
こんなに英語読めたっけ?
と言うほどこういうときの情報は頭に入ってくる。
知らない単語もこの時は読めたりヒアリングできた気がする。
時間が経つとだんだん明らかになってくる事件の内容。
結局最初の情報は間違いだった。
犯人は一人で大学の昼の食堂に乗り込んで銃を乱射。
確か10数人が打たれて、重症の人が数人いた。

犯人は自殺、一人の犠牲者

事件が起きた後の数日は事件に関する情報を集めた。日本でどれほど報道されたのか知らないけど、何人か知り合いの人が心配のメールをくれた。感謝。
場所は、ぼくも良く買い物行くショッピングセンターの近く。やはりこんなに近くでこんな大事件があると新聞やテレビやネットでよく事件の内容を読んだ。
事件のあったコンコルディア大学は18歳から20歳位の2年大学らしい。(日本とは方式が違うらしくすべての人が2年ほど基礎を学んでから総合大学に入学する)犯人は26歳くらいだったと思う。
学生が階段の影に隠れていたら、下の階から銃を向けて狙って来たので夢中でにげたとか生生しいtインタビューが新聞に載っていた。
犯人は大学内にいた警備員(ポリス?)に当初射殺されたと報道されていたが、結局は自殺だった。それでも、かなり早く対処が行われたことで、犯人を追い込むことができたので被害が少なくて済んだのだと感じた。
しかし、悲しいのは被害者だ。重症の人も何人かいたので後遺症が残るだろうが、一人の犠牲者がでてしまった。
とても綺麗な若い女の子。
こちらではその彼氏の写真も新聞に載っていた。二十歳そこそこでこんな風に恋人を奪われたらたまらない。
しかも、バケーションでメキシコ旅行を二人でして帰ってきたばかりだったらしい。

アメリカでも日本でも

その後、アメリカでもシューティング事件があった。アメリカではひどいものだけ報道されているようで、普通に因縁関係の銃によるいざこざはあるようだと言うことも知った。「銃でそんなに簡単に事件を起こしてしまうなんてどういうことよ」と思っていたが、最近では日本でも銃による事件が増えている。まあアメリカには到底及ばないだろうけど。

まあ今回はなにがなんだかわからないけど冥福を祈ります。

とにかく海外に来て間もなくしてこんな事件が身近で起こったのでびっくりして、帰りのバスをビクビクしながら帰ったと言う忘れられない話でした。
しかし、普段のモントリオールはとても平和です。今朝は自転車道でキツネを見ました。北の国からの歌が頭の中に流れてきた。
最後に、
犠牲者の女の子の冥福を祈ります。
またその家族や恋人が立ち直ってくれていることを願います。

アクセスアップのためにやっていること  国内・海外格安航空券の値段を調べる
日本から世界中への格安航空券が調べれる。モントリオール往復約6万円から。

知っ得市場は人気の商品を激安価格で提供しています。
最安値で人気商品を扱うネットショップです。
福岡・博多・歯科・歯医者  防音マット まじめなエッチ応援隊  
[Link] 開運グッズ FX取引 藤和ハウス クレジットカード 人気ランキング ホームページ用素材 食品 グルメ 雑貨 メンズエッグ ブログ 株取引 オンライントレード 介護 求人 seo seoのAXIS 年賀状 印刷 帯広 不動産 TOEIC 表札